ニキビ跡の赤みケアはどうすればよいか

ニキビが治ったあとでそこに赤みがシミになって残ることがあります。
赤みのシミは真皮内で炎症を起こしているのです。

 

その時に赤いシミをとろうとしてケミカルピーリングをすると、
傷んでいる肌にダメージを与えてしまいますから、肌に優しいケアをしましょう。
肌に優しいケアをしてニキビ跡の赤みを消す方法を以下に説明します。

 

スキンケアアイテムをチェック

まず使っているスキンケアアイテムをチェックしましょう。
スキンケアアイテムに肌を刺激する成分が含まれていると、赤み消えません。

 

弱っている肌の状態に合ったスキンケアアイテムを使いましょう。
また、ニキビ跡の赤みがインナードライが原因のこともありますから、
インナードライのことを勉強しましょう。

 

インナードライには弱酸性洗顔料

インナードライの場合は、弱酸性の洗顔料をつかいましょう。
肌が潤う化粧水を使わないで、保水力と炎症作用効果のあるアイテムがおすすめです。

 

インナードライは化粧水がしっかりと浸透すれば治りますから、
ベタつかないクリームでケアします。

 

ビタミンとミネラルを含む食事

また、食事はビタミンとミネラルを多く摂取することが必要で、
同時に良質なたんぱく質も摂取する必要があります。

 

そうすることで肌のターンオーバーが促進されて、
肌細胞の生まれ変わりが早められるので、ニキビ跡の赤みが消えます。

 

ニキビ跡の赤みケアには、肌に優しい洗顔アイテムを使うことと、
食事で肌のターンオーバーを促進する効果があるビタミン類とミネラルいやたんぱく質を
バランス良く摂取することが大切です。
胸ニキビ 治し方