思春期ニキビと大人ニキビの差異

思春期ニキビは自然回復する事が多いですが、
大人ニキビは、そうはいかない場合が多いです。

 

その他、両者の間には様々な差異がありますので、確認してみましょう。

 

起因

思春期ニキビ

起因の大半は皮脂の生成分量が多すぎる事です。
思春期の頃には「皮脂腺に刺激を及ぼす男性ホルモン」の生成分量が
男子も女子もアップするので、毛穴から外に出し切れずに、
皮脂が残って毛穴が閉塞してしまうのです。

 

このような状態が、ニキビの起因であるアクネ菌を繁殖させ、
炎症を招いてニキビを引き起こすのです。

 

ただ、成長していく内に体質が変わり、自然に治る事が多いです。

 

大人ニキビ

大人ニキビの起因は多種多様であり、1つに絞る事は出来ません。

 

男性ホルモンと近しい動きをする「黄体ホルモン」のせいで
皮脂の生成分量がアップしているのかもしれませんし、
化粧のせいで毛穴が閉塞しているのかもしれません。

 

皮膚のターンオーバーが崩れているのかもしれませんし、
やはり単純に乾燥のせいなのかもしれません。

 

これらの根本的な起因をさらに探っていくと「生活習慣」に突き当たる事が多いです。
ですから生活習慣を見直して、ニキビの起因を1つずつ潰していくより他ありません。

 

発生部位

思春期ニキビ

皮脂を出す「皮脂腺」と毛穴が集中している「Tゾーン」に出来る事が多いです。

 

大人ニキビ

Uゾーン(フェイスラインや顎の辺り)に出来る事が多いです。

 

Uゾーンとは、男性の場合は髭が伸びてくるゾーンであり、
男性ホルモンの影響が大きい部位です。

 

そして女性の場合は、毛穴がやや狭い部位です。
そのため、毛穴が狭いのに皮脂の生成分量が多いため、
毛穴が閉塞しやすくなってしまうのです。

 

さらに、何気なく触ってしまって、手に付着していた雑菌を
移してしまいがちな位置であることも事も関係しています。

 

また、Uゾーンは乾燥しやすいゾーンであり、
ニキビに限らず、皮膚のトラブルに見舞われやすい場所なので気を付けましょう。

 

ケア方法

思春期ニキビ

成長するにつれて治る事が多いわけですが、
エスカレートすれば跡が消えなくなってしまうので、やはりケアは必要です。

 

出過ぎた皮脂を除去する事が基本的な方針となります。

 

余計な皮脂の生成を阻害しつつ、洗浄のし過ぎにも気を付けて、
化粧水や保湿液で皮膚を手入れして下さい。

 

薬品を用いる場合も、不要な皮脂に吸着して
毛穴の近辺を乾燥させる形式のものを選ぶようにして下さい。
実際、そういう商品が多いので、それほど必死に探さなくてはならない
というわけではありません。

 

大人ニキビ

こちらは、先述の通り起因が多種多様なので、
皮脂のケアだけではあまり意味がありません。

 

むしろ、思春期の折よりも皮脂の生成分量は大きくダウンしていますから、
皮膚の乾燥を招いてしまう可能性もあります。

 

まずは、皮脂のバランスと清潔さを守るために、適切に洗顔して保湿しましょう。

 

そして、睡眠時間を長めに取って、バランス良く栄養を摂取し、
ストレスを溜めないようにして、ターンオーバーを整えましょう。

 

皮膚の質もそうですが、年代によってもニキビとの付き合い方は
変えるべきだという事が言えますね。