ニキビに関しての勘違いとは

ニキビは万人に発生するがゆえに、大半の人がそれを主観で考える傾向にあります。
その中には、正確な根拠をベースに語られているものもあれば、
誤った知識や情報のままに、噂が独り歩きしてしまったものもあります。
このようなニキビ関連の勘違いについて、一緒に考察してみましょう。

 

 

ニキビが発生するのは、洗顔不足のせい?

ニキビ予防と聞いて、まず思い浮かぶのは洗顔でしょう。
「ニキビって、キレイにしていない時に発生しそうな印象があって嫌だ」
という方も多いと思います。

 

現に、要因は毛穴に汚れや皮脂が、詰まり込んでしまう事であり、
ニキビの起因となる菌や雑菌が殖える事で、肌が炎症を発症します。

 

「雑菌」「汚れ」「皮脂」などのワードが要因として挙がると洗顔も、一所懸命になりますよね。
しかし、ニキビの原因はこれら以外にもたくさんありますし、
さらに言えば、洗顔を頑張ればニキビが発生しない、という事にもなりません。

 

過剰に洗うと必要な皮脂まで落としてしまい、乾燥を招きます。
乾燥は、細菌などが殖えやすい状況です。さらに肌が乾燥すると、
肌の潤いを守るために皮脂が分泌されますが、何度も皮脂を流していると、
このコントロールがおかしくなって、余計に分泌が起きるようになってしまいます。

 

ですから、洗顔の回数とニキビの発生頻度にはあまり関連性がなく、
基本的には朝晩の二度、しっかり正確な方法で保湿と洗顔を実践する事が大事です。

 

 

ニキビの要因は皮脂?

また、よくあるのが「皮脂の分泌が多ければニキビが出やすい」という勘違いです。
これは100%でたらめという事もありませんが、要因を正しく表現しているわけでもありません。
あくまでこれは要因の一種であり、乾燥のせいでかえってニキビが発生する場合もあります。

 

ニキビの要因となるものは、ホルモンバランスの乱れや、ストレス、代謝の悪化など、
様々に存在するため、単純に「皮脂の過剰な分泌」だけが要因だと思い込むと、
良くないベクトルのケアを行って、無駄骨を折ってしまう事にもなりかねません。
大切なのは皮脂の分量ではなく、毛穴に汚れや皮脂が詰まり込んでしまったきっかけを、探る事なのですね。

 

 

男性ホルモンの多い人にニキビが発生する?

「ニキビは男性ホルモンの多い人に発生する」という噂をよく耳にします。
では、どこから見ても女性然とした顔つきや体つきをしている人には、
発生しないのかと考えると、そんなことは無いという事実は誰でも簡単に分かります。

 

どうしてこんな噂が立つかと言うと、男性ホルモンは皮脂腺という部分に、
刺激を与える作用を持っていて、これにより皮脂の分泌が活性化し、毛穴が詰まり込みやすくなるからです。
科学の観点で考えれば、間違ってはいませんが、
女性ごとに、男性ホルモンの分量に大きな差がある、というような事実はありません。

 

大事なのは男性ホルモンの分量というよりも、ホルモンバランスです。
男性ホルモンの分量が変化していなくても、女性ホルモンの分泌量が減少した際にも、
ニキビなどの肌の問題がたくさん発生しがちなのです。

 

 

加齢や出産が原因で、大人の女性のホルモンバランスは狂いやすいので、
このバランスを整えるためにも、リズムが一定の生活を心がける事が肝要なのです。

 

ちなみに、思春期の際はホルモンの分泌が活性化し、バランスが狂いがちなので、
どうしてもニキビが発生しやすくなります。

 

首 ニキビ:洋服ではなかなか隠せないのが首にニキビ。
首自体には汗腺が少ないのインナードライになりやすく、なかなか治らないといった特徴があります。