汗とニキビの関係性について

発汗が良い人には、ニキビが発生しやすいのでしょうか?
印象としては汗を多くかくと脂がたくさん出て、ニキビに発展しやすような感じもしますが、現実のところはどうなのでしょうか?

 

結論を先に言えば、汗を良くかく人は、汗の量が少ない人と比較して、ニキビが発生しやすいと言えます。
その理由はというと、汗は老廃物を含有しているからです。
雑菌が顔などに頻繁に触れる事になるので、汗をかかない人より汗をかく人の方が雑菌に侵されやすくなるのです。

 

 

しかし、その反論も根深く、汗をかけば、老廃物を身体の内部から取り除けるので、
実はニキビそのものが発生しにくくなる、とも言われています。

 

運動を行えば、ストレス減少にもつながりますし、
「皮脂を余計に分泌させてしまう男性ホルモン」の発生を抑える事が可能、とも見られています。
ですから、運動をして能動的に発汗すると、老廃物を取り除けて、
身体の悪いのものを減らせるので、ニキビが発生しにくくなると見られています。
ですがその汗に対して摩擦がかかると、たちまちニキビの引き金の1つになってしまいます。

 

 

運動を行って発汗すると、気分が良いものです。
そのときは、肌がこすれるような服をやめて、サングラス、ヘルメットなどに関しても、
衛生面を追求する事が不可欠です。
昨日用いたものを洗濯せずに、連日使うのはもってのほかです。
スポーツジムは一般的に湿度が高く、雑菌が殖えやすい場所となっています。
ですから、顔をタオルで拭く際も、ポンポンと吸わせるように汗を拭いましょう。
ゴシゴシ拭き取るのは、良くありません。

 

さらに女性に関して言えば、ロングヘアーの人は束ねておくことが必要です。
髪の毛も摩擦の引き金の一種なのです。
また、化粧は運動の前に落としておきましょう。
大抵の人は、化粧をせずにジムに行っているでしょうが、
きっちり化粧をしてから臨んでいる人も、中にはいるのです。
御多分に漏れず、化粧も毛穴の詰まり込みの要因の一種となっています。
化粧を避けるのはスポーツの基本なので、きちんと流してから、身体を動かしましょう。

 

 

このように考えていくと、スポーツで発汗するという事に関して言うと、
その汗を放っておくのは良くない、という事実はすぐ理解できますね。
しかし、即シャワーで流したり、タオルで吸収したりすれば、
老廃物を取り除くという観点においては、かなり有意義だという事も分かります。

 

摩擦がかかるとニキビに繋がりますから、きつくない衣服を身に付け、
髪の毛をまとめておいて、顔は汗が垂れてきても触らずに、衛生面に気を配る事によって、
ニキビが発生しにくい状態を保つことができます。

 

 

さらに、汗をかくとニキビが発生するというのは疑わしい、という事も理解できます。
スポーツは新陳代謝を活性化してくれますし、ストレス解消にも有効で、
健康にも良い影響を与えてくれるので、積極的に取り組むべきだと思います。
ニキビが顔のそこら中に発生している人は、身体の内部に悪いものが蓄積している確率が高いです。
ますはスポーツを行って、デトックスを取り入れてみても良いでしょう。